当院の特徴

診療方針

当院では、耳鼻咽喉科・アレルギー科を中心に幅広い診療をしております。
さらに、きこえに関しては精密検査機器、専門スタッフを整え、高度な専門医療を提供しております。
みみ・はな・くち・のど・くび・めまい・アレルギーについて、小さなことでもお気軽にご相談ください。
患者さま一人ひとりに合った適切な治療を行い、地域の皆さまから信頼していただけるクリニックを目指します。

主な対象疾患

難聴、耳だれ、耳痛、耳鳴、外耳炎、中耳炎、耳垢、めまい、耳鳴りなど
鼻水、鼻づまり、鼻血
アレルギー性鼻炎・花粉症、副鼻腔炎、ちくのう症、嗅覚障害など
風邪、口や喉の痛み、声がれ、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、味覚障害など

特にこだわりを持っている診療

信州大学附属病院では一般外来の他に、専門として難聴外来を担当してきました。
当クリニックでも精密聴力検査、補聴器外来、人工内耳外来、小児リハビリ外来を行います。
(いずれも予約制となります。まずは初診で診察・聴力検査を受けていただきます。初診は予約ができませんのでご了承ください。)

このような方はまず初診でご相談ください。

  • 補聴器をした方がいいか悩んでいる方
  • 補聴器を試してみたいけど、相談できるところがなくてお困りの方
  • 補聴器を持っているけど、うまく使えていない方
  • 補聴器・人工内耳を装用しているお子さん、成人の方
  • 難聴のお子さんの言葉の発達が心配な親御さん

当院の特徴

<内視鏡検査>
鼻や喉の内視鏡:
鼻から喉まで細い内視鏡(胃カメラよりも細く短いもの)を入れて、喉の様子を観察します。従来の内視鏡より細いので患者さんの負担が少ないことが特徴です。
診察室の大きなモニターで実際の画像をみていただくことができます。

<コンビームCT検査>
耳鼻科はレントゲン撮影をする場合があるのですが、レントゲンで診断がつかない場合は、CT(断層写真)を撮るほうが、鼻・耳の状況がよくわかります。
コンビームCT検査は、一般的なCTより被曝が少ないことが特徴です。鮮明な画像で診断することができます。
また、検査は予約の必要がありません。

<精密聴力検査(要予約)>
ことばの聞き取りを検査します。(何もつけていない状態、あるいは補聴器や人工内耳を装用した状態で行います。)
これによって補聴器の効果の予測、補聴器の効果の測定ができます。

<補聴器外来(要予約)>
補聴器を装用してもなかなかよく聞こえるようにならなかったり、補聴器を試してみたいけどどうしていいかわからないとお困りの方は多いと思います。
当院では、一般的な聴力検査の他に、精密聴力検査(言葉の聞き取りの検査)をしています。その後、補聴器販売の資格(テクノエイド協会認定補聴器技能者)をもつ専門員から補聴器の調整・貸出をさせていただき、効果を確認していただきます。(複数の認定補聴器専門店の協力を受けています。たくさんの補聴器メーカーから選んでいただくことが可能です。)
※補聴器を作るまでに何段階かの手順を踏み、お時間をいただくことになります。ご了承ください。

<人工内耳外来(要予約)>
人工内耳を装用していて、機器の調整(マッピング)が定期的に必要な方は、当院で調整をすることができます。
対応メーカー:メドエル、コクレア

人工内耳:補聴器を使っても聞こえるようにならない重度難聴の方は手術で人工内耳という機器を手術で耳に挿入します。手術は信州大学附属病院で受けていただくことになりますが、手術をした方がよいのかお悩みの方はご相談ください。

<小児リハビリ外来(要予約)>
小児期に難聴があると言葉の発達に影響してしまいます。
補聴器や人工内耳をしているお子さんは、言葉を聞いて話すことに特化したにリハビリを定期的にしていくことが非常に大切です。ご家庭でどのような関わりをしたらよいか、専門家からリハビリの時にアドバイスを受けていただくことができます。
※顧問の北野庸子先生(難聴児療育の専門家)、言語聴覚士が2名在籍していますので、専門的な言語聴覚療法が可能です。
お子さんのきこえが心配な場合は、お気軽にご相談ください。